日本障害者
スポーツ射撃連盟

公式サイト

競技について

クラス分け

クラス分けは、障害がある射手の公平な競技を可能にする目的で行われ、国内と国際とあります。

競技会への参加、障害者規則の適用、推薦申請および段級受験などの根拠となります。

ビームライフル自由姿勢のみに参加する場合は、クラス分けは不要です。


<下肢のみの障害>

クラス
障害内容
SH1 A
立って撃つことが可能で正常な体幹機能を持つ座位の競技者。射撃椅子の背もたれは許されない。
SH1 B下肢の機能がないか、もしくは、下肢に重い問題があり、骨盤の制御が良好な(腹部/脊椎、伸筋、腰方形筋が機能する)座位の競技者。射撃椅子には低い背もたれが許される。
SH1 C下肢の機能が失われているか、もしくは、下肢に重い問題があり、体幹の機能が乏しい/無い座位の競技者。射撃椅子には高い背もたれが許される。


<上肢障害>

クラス
障害内容
SH2 A
a/b
片方の上肢に機能が無いか、両方の上肢に重い問題があり、正常な体幹機能を持つ座位の競技者。
SH2 B
a/b
両下肢に機能が無いか、両下肢に重大な問題があり、良好な骨盤の制御を持つ座位の競技者。射撃椅子には低い背もたれが許される。
SH2 C
a/b
両下肢に機能がないか、両下肢に重大な問題があり、体幹機能が適正な/無い座位の選手。射撃椅子には、高い背もたれが許される。